May 29, 2018

April 16, 2018

April 6, 2018

February 8, 2018

January 12, 2018

December 30, 2017

December 7, 2017

November 7, 2017

November 3, 2017

October 29, 2017

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

Suck My Kiss

December 7, 2017

 

早いもので今年もあっちゅう間に終わっちゃいますね~

今年も色々な事があって、毎年毎年1年が早く感じてしまいます。

来年もどんな1年になるのか非常に楽しみです!

来年は新しい元号も発表されるみたいですし。

「回る回るよ、時代は回る」と中島みゆきが歌っていたものです。。。

 

自分は昭和生まれなので、3つ元号をまたぐ形となります!

そう考えると、なんだかすごく年を取った感覚になります、、、(笑)

 

と、下らない前置きはこれくらいにして、、、

 

今回はインスタにもアップしたMontgomery wardのCPOシャツの紹介です。

 

 

 

 Montgomery wardはアメリカの「3大ストアブランド」の1つです。

「3大ストアブランド」とは、

JcPenny、Sears、Montgomery wardと言う通販、量販の大手企業3社のことです。

古着好きな方なら聞いたことがあると思います。

また、この3社がそれぞれしのぎを削ったあの攻防戦、今なお続くここは最前線。

つまり、自社独自のプライベートブランドを作っていました。

 

JcPennyは、他の2つとは違い、まず小売店から始まった企業です。

後に、プライベートブランドを作ったと言う流れです。

現代で言うと、Beams等と一緒ですね!

プライベートブランドは「TOWNCRAFT」、ネルシャツで有名な「BIC MAC」、

カバーオール、オーバーオール等のワークウェアで有名な「PAY DAY」等。

 

次にSears。Searsのカタログは「聖書の次に読まれている本」と言われるくらいで、

アメリカのすべての家庭に備えられていたそうです。

ちなみに、楊枝も載っていたようです。。。(笑)幅広い!

プライベートブランドで番有名なのは、「HERCULES」「Pilgrim」。

特にヘラクレスはカバーオール、ワークシャツ、オーバーオール、レザージャケット等

様々な製品が作られました。

また、工具やカー用品等のDIY用品もプライベートブランドが存在するようです。手広い!

 

最後に、Montgomery ward。こちらは世界初のメールオーダー会社です。

1872年、農民達の買い求める日用品は、様々な中間業者、問屋を介していた為、価格が高かった。この状況を変える事で儲けるんじゃね?って事で、カタログによるメールオーダーの直接販売を始めたのが最初です。現代だと直ぐに思い付きそうですが、当時画期的だったんでしょうね~

 

最初は、思うように行かなかったようですが、徐々に品数が増え、更に田舎では手に入らない物が

手に入ると言う事で広まり急成長!!!

 

しかし、栄枯盛衰、盛者必衰。。。

最大のライバル社Searsがカタログ販売に参入。。。

1900年に業績を追い越され、2000年に営業を停止するまで追い抜く事は出来ませんでした。

折角、いい名案を思いついたのに、2番煎じに追い越されるのです。。。

 

1930年に、「俺んとここないか?」と綾小路翔ばりに言ったかは定かではありませんが、

「俺んとこの傘下になりゃいいーやん!今ならすぐいれちゃーばい!

あんたの所もきちかろ?」と言われたそうですが、、、これを一蹴(笑)

独自の道を進んできた、このような歴史からもアメリカ人には愛着のあるブランドのようです!

この企業の精神がアメリカの象徴のような気もしますね!(笑)

 

服からこういう風に話が広がる所も古着の好きな所でもありますし、魅力です!

あくまで個人的意見ですが、、、

歴史、背景を聞くと更に自分の持っている物も愛着が湧きますし、知りたくなります。

皆様も是非歴史を紐解いてみてください!

まとまりがなくなったのでこの辺で!(笑)

 

今週の営業日は12月9日(土)12:00~です!

是非、遊びに来てください!一緒にベラミでゆったりしましょう!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload